超回復筋と休息との関係について

超回復筋と休息との関係について
超回復筋とは、筋トレを行った後に24から48時間くらいの休息が必要になる事です。

 

これは休息をしている時に、筋肉がトレーニングをする前よりも増えるためです。

 

筋肉を増やすためには、筋肉を破壊させて修復させないといけないです。
筋トレを行うと筋肉は破壊されて、24から48時間休息を取る事によって少しづつ回復をしていきます。

 

 

超回復筋と休息との関係について

 

トレーニングをした直ぐには筋肉は破壊されるため、筋肉の量は少し減少します。
しかし休息を取る事により、超回復が起こるために減少した筋肉が減少する前よりも増えるのです。

 

超回復が起こるのを待ってから、次の筋トレを行うようにすると効果的です。
超回復の事を知らないでトレーニングを行ってしまうと、筋肉が破壊するだけになります

 

筋トレをおこなっているにもかかわらず、筋肉の量が増える事がないです。
逆に筋肉が細くなってしまい、折角筋トレを行った意味がなくなります。

 

 

超回復筋と休息との関係について

 

そのためにも、効率の良い筋トレにするためにも超回復は必要です。

 

しかしいくら超回復が必要とは言っても取り過ぎると、折角増えた筋肉が元に戻ってしまうため摂り過ぎるのも良くないです。
このために24から48時間くらいの休息を取るようにするのが、筋肉を増やすのには効果的な時間になります。